ラクハナ花の ネットスーパー10月1日スタート

日本フラワーでは、従来の「胡蝶蘭の日本フラワー」の兄弟サイト、

ラクハナ花のネットスーパーを10月1日より開始しました。。

このステイホーム、テレワークの時代に家に居ながらにして、

色々なニーズのお花を提供できる仕組みを作りました。

従来ともすると、ギフト偏重のネットサイトが多い中で、

自分に贈る、家族・友人に贈ることをテーマにして作りました。

ラクハナ花のネットスーパーの特徴を見てみたいと思います。

1、お花の定期便・サブスク

今、花屋に行かなくても、定期的に花を送ってくれる、花の定期便・サブスクです。

500円のお花の定期便・サブスクは首都圏一都三県のみ、(郵便で安価にお届けするため

確実に郵便が配送翌日に着くエリア)、別途郵便料金が300円かかります。

あと全国対応(沖縄県、島しょ部、山間部を除く)で、1000円、1500円、

2000円、2500円のお花の定期便と金額が選べます。

別途配送料が800円(北海道・九州は1300円)かかります。

500円のお花の定期便・サブスクは原則木曜日着。

その他のお花の定期便・サブスクは到着曜日指定ができます。

頻度も毎週、隔週、月一回から選びます。

季節季節で最善の取り合わせのお花をお届けいたします。

気楽に、楽しみにお待ち頂ければ、と思います。

2、フラワーバスケット(日本初)

日本初の仕組み「フラワーバスケット」。

野の花を少女が自由に摘み、バスケットに入れていくように、

お花を一本一本から選べる仕組です。

この花を自分に贈る(自分に買う)のです。

この自分セレクトのお花を家族・友人に贈りたいなら、

300円でラッピングオプションで、ブーケにして贈ることが出来ます。

とても素敵です!

3、花束・ブーケ

ご家族・お友達に!

誕生日、母の日、父の日、敬老の日。

何かいいことあるとき、誰かに贈りたくなる。

自分に贈ってもいいのではないですか?

4、フラワーアレンジ

同じプレゼントでも、先方が花瓶を使わないで、

置くだけで済むのがフラワーアレンジ。

そのまま、テーブルに棚に、リビングに置けます。

福祉施設にいるお母さんや病院などでは、置く場所が限られていますので、

小さめがいいです。

イベント会場や個展の会場にいいですね!

5、観葉植物

観葉植物も、ステイホーム時代の大ヒットアイテムです。

何万年もの間、人間は自然の緑と共に、生きてきた。

ここ100年、200年、人間と緑は、コンクリートの壁に阻まれている。

急にテレワークになり、若い人たちが観葉植物を買い求めるのは、

とても自然な姿でしす。

6、胡蝶蘭

胡蝶蘭は「胡蝶蘭サイト」に準ずる品揃え。

価格は同じです。

7、仏花・仏アレンジ

日本の花で、一番売れているのは、仏花です。

何故、ネットで売らないの?

花のネットスーパーは、生活者のサイトだから、

当然積極的に扱います。

法事なら、お寺に送ってもいいですね。

8、フラワーベース

フラワーベース・花瓶も売ります。

花瓶が無いと、花、生けられないでしょ。

 

そんなこんなで、ラクハナ 花のネットスーパーを作りました。

このサイト、通常の花屋よりは数段、何でもありますよ!

※ラクハナのサイトはこちら

→ https://www.rakuhana.jp/